建築家のご紹介
Our Archtect

The BEREDER Selection

Produced By BEREDER Co., Ltd

The Colors Of Provence

プロヴァンスの色【オークル】 有害物質が含まない天然ピグメント

安全性データ
Safety data
オークルの歴史History of ocre
カラーチャート
Color Charte
雑誌掲載
PRESS
販売代理店様
募   集
п@045-628-0181
fax 045-628-0182
オークル ピグメントの分類

  1. Natural loam & Ochers (天然ローム〔粘土〕 及び 黄土)
  2. Minerals 鉱物ピグメント)
  3. Oxides  (酸化物)
  4. Organic(有機顔料)
  5. Synthetic(合成物)

説明


★ Natural loam & Ochers (天然ローム〔粘土〕 及び 黄土)

 

★ Minerals 鉱物ピグメント)

 採掘現場で得られる天然オークルをベースとしたミネラルの含まれる顔料です。このパレットの色はミネラル成分によってオークルの美しい濃淡がさらに増強され、さまざまなアプリケーションに適している90%オークル(黄土)と10%ミネラル又はオーガニックを含有する顔料です。

 こちらは文字通り、黄土、シエナ土、アンバー(茶色)、および天然酸化鉄を含む色彩に富んだピグメントパレットなのです。すべてのメディアムと一緒に使用できます。これらの色は美しい深みを有しながら、永久的その鮮明さを保ち続けることがオークルの歴史からよく分かります。

★ Oxides  (酸化物)

 Oxidesピグメントはオーガニックとミネラルの両方を含んでいます。この種類のピグメントは、自然な粘土として地球の中で見つけられませんが、鉱物か有機化合物などの自然なコンポーネントを使用することで作られています。通常は加熱という方法利用しています。結果として得られる色合いは、明るく、UV抵抗力があり、強力な着色力を持っています。

より広い範囲の色の選択を提供するためにこのOxidesピグメントをパレットの一部としてに入れました。もちろん、パレットにあるすべてのOxidesピグメントは安全で、非毒性です。

★ Organic(有機顔料)

オーガニックピグメントは古代から使用されてきました顔料なのです。植物性又は動物性のオーガニックピグメントです

Synthetic(合成物)

 Synthetic ピグメントは石油化合物、酸、および他の化学物質から製造していたカーボン分子をベースとした合成顔料です。 工業規模に生産する技術は1860年以降、発明されました。化学的で産業の革新は、驚異的なペースで19世紀の終わりまで進化し、今日までのところ続いてきました